相続税放棄は相続税対策になる?

相続放棄をしようと思っている方も多いのではないでしょうか。
相続に関しては、簡単に説明すると相続する遺産が多ければ多いほど、相続税も高くなると考えておくことが必要です。
実際に相続放棄すれば相続自体が「なかったこと」になるので、相続税を支払う必要もありません。
だからこそ、近年は相続放棄する方が多くなっています。

▼ 目次

相続する?相続放棄する?

当然ですが、相続することでプラスになる場合は相続した方が良い場合もあります。
しかし、逆に相続することでマイナスになるということも少なくありません。
相続税が無駄に大きくなりそうな場合は、相続自体を放棄してしまって、相続税に悩まされるということを避けるとい
うのも良いです。
実際に相続税に関しては、高くなることも多いので十分考えて対策していくことが必要となるでしょう。

ちなみに、相続放棄が相続税対策になるのかと言えば、実際になると言えるでしょう。
なぜなら、相続税自体を支払う義務もなくなるので、相続放棄をした方が良い場合も多いです。
例えば、父母や祖父母が所有している住宅・土地などの不動産の価値が低くなっていることも多いでしょう。
そういう不動産などに関しては評価額が低ければ、プラスどころかマイナスになることも多いです。
実際に住宅や土地などの不動産を相続した場合、後々まで管理費がかかりますし、固定資産税なども必要となってきます。
長期に渡ってその資産を持つということは、その財産に対して他の税金もかかってくるのです。
また、そもそも価値が低くなった住宅や土地を相続しても良いことはありません。
人によっては他の場所に土地と住宅を購入して住んでいるという方も多く、わざわざ父母や祖父母の不動産を相続しなくても生活が十分できるというパターンも多いでしょう。
まずはそこを考えて、しっかり対応していくことが必要となるのではないでしょうか。

相続は生前に相談するのがおすすめ

もちろん、昔から自分が育ってきた住宅や土地などは、愛着も大きいと思います。
それらを放棄するということは、受け取り手がいないということになるので、遺産を破棄してしまうのと同義となります。
他に相続人がいる場合は良いですが、自分のみが相続人という場合には、十分気を付けておくことが必要となるのではないでしょうか。

相続に関しては自分だけの問題ではないので、他の相続人との遺産分割協議なども進めていくことが必要です。
そこで、実際に相続放棄したいという旨を伝えることも重要です。
とにかく早めに行動することが必要となるので、事前に話し合いを進めておくというのも良いかもしれません。
一番確実な方法としては、被相続人本人が生きている間に協議を済ませておくということです。
亡くなってからのことを相談するというのは心苦しいかもしれませんが、それはおこなっておくべきことだと言えるでしょう。
だからこそ、しっかりと生前に相談しておくことが重要だと言えるでしょう。

相続放棄は相続税対策になるの?

相続放棄すれば、相続するもの自体の権利を失うので、相続税対策にはなるでしょう。
そもそも根本的に相続税を支払う必要がなくなるので、無駄なお金をかけたくないという場合には有効な対策となります。
ただ、相続税に関しては基本的に相続するものに対してのみ課税されるため、相続したもの以上に税金がかかるということはありません。
お金をかけたくないとは言っても、相続するものに対しての税金となるということを覚えておくと良いです。
その上で、相続放棄するのかどうかを考えてみてください。

また、被相続人が相続人の負担を減らしたいと思っている場合は、生前贈与なども考えてみると良いかもしれません。
基本的に生前贈与で相続人に財産や資産を譲っておけば、相続税の対象とはなりません。
そちらに関しては贈与したとみなされるので、相続ではなく贈与による贈与税などを加味することで対応できます。
こちらの選択肢の方がお得になることもあるので、お金がもったいないと思う場合は生前贈与などの対策にも目を向けておきましょう。
お得になる対策を知っておくことで、無駄に自分の財布を痛めることもなくなります。

国は税金を多く取りたいと思っているため、どのようなところでも税金が必要となります。
しかし、国民はそれらを理解し、対策を進めていくことが必要です。
もちろん、一般の方では知識がないということもあって、対策するとは言っても難しいことが多いでしょう。
そういう場合は、専門家への相談も考えてみてはいかがでしょうか。
特に税理士などに相談すれば、相続税の対策もより進めやすくなります。
税理士は税金のスペシャリストということもあって、相続税などに関する相談であればとても役立ちます。
その他、弁護士に司法書士、信託銀行など味方になってくれる存在も多いです。

費用はかかるものの、自分だけで対応しようとすればミスすることもあるので、専門家への相談も考えてみてください。
そうするだけで、より安心安全に相続の問題と向き合っていくことができるでしょう。

おすすめの記事:相続税の税務調査で知っておきたい時期・流れ・対応方法を徹底解説!