相続を第一位が放棄した場合

父母や祖父母が亡くなった際、必要となるのが相続です。
財産や資産がある場合は相続を受けとり、相続人となった家族や遺族は相続税を支払うこととなります。
その相続を受け取る順位に関しては、被相続人の立場によってそれぞれ決められています。
まず、被相続人との関係の中でも重要性の高いものから、相続の順位というのは決まっていくのです。

その順位に関しては、配偶者が一番重要と考えられ、それと同格で子供も重要だと考えられています。
その他、直系の両親や兄弟姉妹などを重視し、孫なども重視していくことが必要です。
そこで重要となってくるのが、優先順位第一位の人たちです。
状況によって異なりますが、第一位となるのは配偶者や子供となります。
基本的にはその第一位の方が、一番相続するものも多くなるので、しっかり考えて相続したいところです。

ただ、中には第一位の方でも相続放棄を考えているという方が多いかもしれません。
遺産がプラスの場合は相続しても良いですが、マイナスの場合は相続しても良いことなどありません。
特に第一位の方は相続するものが多くなるので、必然的に相続税も大きくなります。
受け取る遺産が多ければ多いほど、それに対して相続税も多くなるのです。
つまり、プラスの場合も結局は相続税が大きくなるし、借金やローンがあってマイナスの場合も負担は大きくなるのです。
結果的に相続税の支払いも借金やローンの支払いも、相続放棄によって回避するのが一番お得となることもあります。
それらを考慮した上で、相続放棄という手段も考えてみてください。

ただ、自分の他にも家族や遺族がいる場合、第一位の人が相続放棄した場合は、次の優先順位の相続人に権利が受け継がれることになります。
本来自分が相続するはずだったものを分割して、残りの相続人に配分されるという考え方になります。
そのため、プラスの場合は良くてもマイナスの場合は、家族や遺族から反感を買うかもしれません。
その点も遺産分割協議などで話し合いながら決めていくようにしましょう。