相続放棄の相続税と不動産の関係

相続放棄を考えている方は、相続税と不動産の関係についても知っておくことが必要となります。
まず、相続放棄の場合は、相続自体を放棄するため、相続税はかからないようになっています。
相続自体がなかったものだと考えるということもあり、相続放棄をすれば基本的に相続税に悩まされることもありません。
しかし、不動産などの場合はどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
例えば、父母や祖父母が遺産として残した不動産があり、それらを相続放棄した場合にどうなってしまうのかという点は考えておくことが必要です。

まず、不動産を相続放棄した場合、当然ですが相続税はかかりません。
そもそも、その不動産の相続自体を放棄しているので、受け取ることもできなくなります。
預金などの現金だけではなく、不動産に関しても相続放棄をすれば受け取ることができないので、その点は注意が必要となります。

なお、他に相続人がいる状態で自分が相続放棄した場合は、他の相続人で遺産分割協議をおこなうことになります。
その結果、自分にまったく相続するものがない状態での話し合いとなるため、不動産に関してもそもそも相続する権利自体を失うと思ってください。
相続放棄しているのだから、それは当然のことです。
不動産の場合は相続税も大きくなりがちなので、相続放棄したいという方は意外と多いでしょう。
しかし、それは同時に他の相続人への負担を大きくしてしまうことにも繋がるので注意が必要です。
例えば、残された家族や遺族に関しては、他に自分の不動産を持ち、すでに自分たちの力だけで暮らしているという方も多いでしょう。
そうなると、無駄に不動産を相続して、税金を払うのが無駄だと感じてしまう方も多いです。

不動産に関しても、必要ない場合は相続放棄をしても良いでしょう。
しかし、相続人が他にもいる場合などは注意が必要となります。
しっかりと遺産分割協議を進めて、話し合いもしっかりおこなっていくことをおすすめします。