相続放棄による相続税の種類

相続放棄による相続税の種類に関して、知っておきたいこともあると言えるでしょう。
そもそも相続税というのは、相続するものに対して課税されるものと決められています。
つまり、相続するものがなければそもそも相続税はかかりません。
ただ、ここで重要となってくるのが、何を相続するのかということです。

祖父母や父母が残してくれたものの中には、住宅や土地などの不動産もあれば、投資している株券や保険、預金している現金などもあるでしょう。
それらの種類によっても相続の有無が変わってくるので、そこは注意が必要となります。
ただ、基本的に相続税に関しては、それぞれ相続する遺産によって計算されるので、そこも考えておく必要があるでしょう。

もちろん、一般の方がいきなり「相続税の計算をして、納付期限までに申告しなさい」と言われてもわからないことが多いでしょう。
特に相続放棄に関しては期限が3か月とされていて、申告と納付に関しては10か月とされています。
意外にも時間があるように思いますが、祖父母や父母が亡くなって葬儀などにドタバタしている場合など、色々と時間はなくなっていきます。
3か月などすぐに過ぎてしまうことでしょう。
相続放棄を考えたい場合は、自分がどのような相続の種類に相当するのかを考えてみて、その上で判断してみてください。
そうすれば、より選択肢も見えてきて判断しやすくなっていくでしょう。
ただ、わからないことも多いはずなので、その場合はプロに相談することも考えてみてください。

相続に関して強いプロと言えば、やはり弁護士などが多いです。
数々の事例に対応してきた弁護士であれば、色々なことが相談できます。
また、各種手続きで迷った場合には司法書士、税金の計算などで迷った場合には税理士など、プロを使い分けていくというのも良いです。
相続税全般のことなら、税理士に相談するのがおすすめです。
そちらも活用しながら、上手に相続放棄を決めていくようにしましょう。