相続放棄の相続税と銀行の関係

相続放棄をする場合、相続税などはかからなくなりますが、注意しておきたいのは銀行のことです。
相続人の銀行などは相続放棄によって、何かトラブルや問題が出てくるということはまずないでしょう。
しかし、注意しておきたいのは被相続人の銀行口座などです。
被相続人が亡くなる前、現金などを銀行口座に預金しているということも少なくありません。
そうなった場合、相続放棄すれば銀行口座だけが残り、そのまま放置されることになります。

ただ、かといって自分で口座を勝手に触り、そこから現金を出したり入れたりするというのは、あまりおすすめできません。
そもそも相続放棄している時点で、相続放棄した人には遺産に触れる権利はなくなります。
そのため、無駄に銀行などを勝手に使って被相続人の遺産に触れようとすれば、トラブル・問題の原因となります。

相続放棄した場合は、相続税などと関係がなくなるため、そのまま被相続人の銀行などに関しても放置したままで良いです。
中には被相続人の銀行口座に現金が入っていて、それを勝手に引き出して使ってしまうという方もいるかもしれません。
しかし、被相続人が亡くなっている時点で、それらの遺産は相続人のものとなります。
つまり、相続放棄した人には、一切残された遺産を手にする権利がないのです。
そこはしっかり考えて相続放棄を考えていくことが必要となるでしょう。
もちろん、遺言書などで言及されておらず、後から現金などが銀行にあるとわかった場合も同様です。
相続放棄をした人は、最初からなかったものと考えられてしまうため、後々に現金が見つかった場合なども相続できません。

相続税は相続した場合にのみかかるものなので、相続放棄すれば相続税がかかるということはありません。
後から現金の預金などが見つかった場合も税金はかかりません。
もちろん、当然ですが後から見つかった財産や資産に関しても、相続放棄していれば手にする権利もありませんので、そこは注意するようにしてください。
その上で、相続放棄については考えてみましょう。