相続放棄による相続税の猶予は?

相続放棄による相続税の猶予に関しては、しっかりと期限を理解しておくことが必要となります。
まず、相続放棄の期限に関しては、相続を知ってから3か月以内と決められています。
それまでに相続放棄するかどうかの意思決定をおこなう必要があります。
また、遺産分割協議などを家族や遺族でおこなう場合には、相続放棄する旨をしっかり伝えておくことが必要です。

他に相続人がいる場合、自分が相続放棄することによって他の人の相続税負担が大きくなります。
相続するもの自体は減るわけではなく、自分が相続するはずだったものが他の相続人に分割されるため、税金の負担もより大きくなるわけです。
それらの決定に関しては、猶予として3か月あるのでじっくりと考えて決めてください。
もちろん、3か月はあっという間なので、葬儀などの手続きなども必要という場合は、できる限り早めに決めておくことも重要です。

ただ、相続放棄に関しては3か月となっていますが、相続税の申告と納付に関しては10か月という決まりになっています。
つまり、相続すると決めた場合には、さらに猶予が7か月多いという計算となるので、その点を上手に活用して考えてみるのも良いでしょう。
基本的に相続放棄の場合は決定までの猶予が短いので、そこは注意してください。
猶予が長い相続税の申告と納付に関しても、気付けば意外と時間は過ぎているものなので注意が必要です。
相続放棄をすれば納税する必要がなくなりますが、それでも他の家族や遺族との話し合いが必要となってくるので、時間には余裕を持って話し合いを進めていくことをおすすめします。

また、家族や遺族で話し合う場合、余計なトラブルや問題が発生することもあります。
できる限りは冷静に話し合うために、第三者を立てておくというのも良いでしょう。
弁護士や司法書士、税理士などにしっかり手続きと計算をしてもらって、その上で話し合うというのが確実です。
もちろん余計な費用はかかりますが、トラブル・問題なく話し合うためには、それらのサービスも活用したいところです。