車の相続手続きが意外にややこしい?

・車は相続財産の一部
故人の洋服や着物、家具などをそのまま残された家族が使っても何も問題もありません。形見という形で遺族が分配するのはよくあることです。同じ調子で車を家族が使うと違法行為になります。車は法的に所有者を明確にして保険をかけ税金を払わなければならない動産です。車は相続財産の一部です。車の場合は軽自動車も普通車も同じです。またバイクも同じです。自転車は形見扱いで構いません。

・何をするにもまず相続手続きがいる
相続人が継続して車やバイクを使用する場合、相続人以外の人が継続使用する場合、誰も乗らないので業者に売る場合、廃車にする場合、いずれの場合にもまず相続手続きをして、相続人名義になってから、譲渡、売却、廃車の手続きをします。相続手続きをしないまま乗っていると様々な不都合が起きます。まず、元の持ち主のところへ自動車税の納付書が届き続けます。納付期限が過ぎたまま放置すると延滞税や加算税の対象になって、どんどん膨れ上がっていきます。

・車の相続手続き
車の相続手続きに必要な書類は、車検証、遺産分割協議書、委任状、と相続する人の住民票、被相続人の除票住民票、印鑑証明書、被相続人と相続人全員の戸籍謄本、車を相続する人の実印です。相続人が一人の時には、遺産分割協議書は不要です。相続人が複数の時には、すべての相続人全員の押印のある遺産分割協議書、相続人の車庫証明が必要です。

これらの書類を陸運支局に提出して名義変更の手続きをします。車の評価額が100万円以下の場合には、手続きはもっと簡単になります。車検証 、亡くなられた方の戸籍謄本、相続人戸籍謄本、相続人の印鑑証明書、相続人の車庫証明書、委任状、相続人の実印、遺産分割協成立申立書(ただし、相続人全員の押印不要)、査定書が必要です。書類の数は増えますが遺産分割協議書には、相続人全員の押印が要りません。

この手続きが終わると車は相続人のものになります。相続人は売却や譲渡、廃車などの手続きをすることができます。

・放置すれば困ることが多い
相続手続きをしないまま、のっていると自動車保険に加入できません。事故を起こしたときに取り返しのつかない負債を背負う可能性もあります。また、法的な刑罰の対象になる可能性もあります。使い物にならない車だといって放っておくと、延々と自動車税がかかっていきます。もし、その車両を使った事故や犯罪が起きれば責任問題に発展します。