相続放棄で相続税の親戚への影響

相続放棄を考えている方は、相続税が親戚などにどのような影響があるか不安になっている方も多いのではないでしょうか。
残された家族や遺族などへの影響はもちろん、親戚にも影響がある可能性があるので、相続放棄する場合はよく考えておくことが必要です。

そもそも相続放棄とは何かと言えば、文字通り相続を放棄するという意味となります。
考え方としては、もともとなかったものとして考えられるので、相続人としての権利をすべて失うことになります。
相続する権利自体がないという考え方なので、当然ですが相続税などもかかりません。
しかし、遺産を一切受け取ることができなくなるので注意が必要となります。

そこで特に気を付けておきたいのが、他の家族や遺族、親戚への影響です。
自分が相続放棄した場合、他の人に遺産が分割されることになります。
配偶者や子供、孫などに自分が相続するはずだったものが分割されて相続されるのです。
逆に言えば、他の人は相続する分自体が多くなるので、相続税なども大きくなります。
自分が相続放棄した場合は、本来その分にかかるはずだった税金も、他の家族や遺族、親戚にかかってくるものと思ってください。
つまり、自分が相続放棄した場合は、他の人の負担が大きくなる可能性もあります。
財産や資産がプラスの場合は良いですが、マイナスの場合はより負担も大きくなるでしょう。
だからこそ、誰かが相続放棄した場合は、他の人も相続放棄することが多くなります。
この手の話し合いに関しては、遺産分割協議でしっかり決めていくことをおすすめします。

ちなみに、相続というのは配偶者をはじめ、子供や孫、直系の両親や兄弟姉妹などに権利があります。
親戚などはそれらの次に優先されるものなので、相続の優先順位に関しても知っておくと良いかもしれません。
相続放棄する場合は、他の人にも相談しながら決めていくことをおすすめします。
勝手に相続放棄を決めてしまって、後々残された家族や遺族、親戚と揉めてしまう方もいます。
しっかり相談の上、決めていきましょう。